2010年08月31日

外為戦略

外為戦略:「ドル円買いのチャンスは当面乏しい」

 ドル円相場は、目先一段の下落リスクを抱えていると言えよう。米日金利差は、予想政策金利や2年債利回りでは縮小余地が限られるものの、最近ドル円との連動性が高い5年債利回り格差には縮小余地がある。9月21日の次回連邦準備公開市場委員会(FOMC)での追加緩和措置への期待が高まれば、ドル円は 85を割り込む公算が大きい。1ドル=85円前後でのドル債投資を狙っていた本邦投資家もいたと推察されるが、さすがに10年債利回りが2.7%台では動きにくいだろう。逆に、いったん85を割れば、テクニカルに円高が急進する危険もある。当社は、日銀の追加緩和ないし財務省の為替介入が発動されるにしても、1ドル=82〜83円と想定している。 

 円安シナリオもないわけではない。投機筋の短期ポジションは円ロングに大きく傾いており、仮に米景気指標が立て続けに上振れることがあれば、円ロングが巻き戻される形で1ドル=89円前後への一時的反発はあり得る。しかし、これは戻り売りのチャンスを投資家に与えるだけかもしれない。本格的な円安のためには、今回のFOMCで大きく遠のいた米国の利上げ期待が再び台頭するのを気長に待つしかない。 




債務整理/中央競馬/勝ち馬/単勝 馬券術/スポニチ 競馬/投資競馬



posted by しんこうしょうけん at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日足テクニカル・ドル円=反発局面継続も、上昇ペースは緩やかか

 上影陰線引け。基準線を上回る85.91円まで一時上昇したが伸び悩んで反落。84円半ばまで押し戻されて引けた。
 トレンド系指標がまだ低下傾向のままであるなかでは、一気に上値を切り上げるのは難しい。短期反発局面が終わったとは思わないが、急激に戻したところでは、売り圧力にさらされやすい状態にある。
 目先の上値の節目である13日高値86.39円を目標とした戻りを狙うにしても、じりじりとしたペースで上昇が進んでいくことになるかもしれない。


債務整理/グリーンチャンネルスプリンターズステークス 予想/スプリンターズステークス 予想/スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010
posted by しんこうしょうけん at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

ユーロドルは1.27ドル水準、当局者はスペイン税収問題を否定

 ユーロドルは1.27ドルちょうど近辺で推移。市場ではスペインの税収問題が話題となり、ユーロの上値を重くしていたが、当局者から否定的な発言が出たこともあり下げ渋っている。

 1時22分現在、ドル円は84.68円、ユーロドルは1.2706ドル、ユーロ円は107.59円で推移。

インド株は3日ぶりに反発も、イベント前でレンジ狭い

◆SENSEX:18226.35 +46.71 +0.26%



 インド株式相場は3日ぶりに反発。世界的に株安が一服するなか、インド株も流れを受けて買い戻された。株式指数SENSEXは、前日の米株の反発などを支えに買いが先行。中盤には18261.06pと本日高値を更新した。終盤にはマイナス圏へ沈む場面もあったが、バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演など重要イベントを27日に控え限定的。プラス圏を確保して引けた。12セクター別では、7セクターが上昇。銀行や素材が上昇した一方、エネルギーは軟調だった。




南アフリカランド/インド株/日興コーディアル証券/オリックス証券/楽天証券/マネックス証券

posted by しんこうしょうけん at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

金価格、当面は高値更新を視野に入れた展開か

 米商品先物取引委員会(CFTC)によると、 8月10日現在の大口投機家の金先物ポジションは買い玉数が22万4485枚と前週比1781枚増加、売り玉数は3万3798枚と前週比3391枚減少した。この結果、ネットでのポジションは19万687枚の買い越しとなり、前週比5172枚買い越しを拡大した。大口投機家の買い越し枚数は6月29日時点の24万4725枚を直近のピークに7月20日時点では17万8307枚とピークから3週間で27%減少したが、その後は小幅ながらも水準を引き上げている。買い越し枚数の年初来での最低は3月30日時点の17万3766枚となっている。7月はこの水準を探ったものの、結果的に割り込むことなく増加に転じている。
 また、8月10日現在のファンド(マネージド・マネー)の買い玉数は16万7837枚と前週比37枚増加、売り玉数は9244枚と前週比2191枚減少した。ネットでは15万8593枚の買い越しとなり、前週比2228枚買い越しを拡大した。ファンドの買い越し枚数は6月22日時点では 21万8865枚まで増加していたが、7月20日時点では14万8371枚まで減少し、4週間で32%減少した。その後は緩やかに持ち直している。ファンドの買い越し枚数の年初来での最低は3月30日時点の14万7220枚となっており、この水準を割り込むことなく切り返している


携帯アフィリエイトヴィンテージアフィリエイト成功法携帯アフィリエイト博多もつ鍋


posted by しんこうしょうけん at 03:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

弱い米指標後、ダウ先物は10328ドル(-24)まで下落

 21時41分現在、ドル円は85.24円、ユーロドルは1.2874ドル、ユーロ円は109.69円で推移。

米指標結果を受けて米債利回りは低下
米指標結果を受けて、米債は買い優勢(利回りは低下)。米10年債利回りは2.66%付近から一時2.64%割れ水準まで低下した。
 21時42分現在、米10年債利回りは2.647%で推移。


携帯アフィリエイト/博多もつ鍋/Lex Corp blog/サテライトシステム


posted by しんこうしょうけん at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

海外市場の動き

ダウ平均は-4.38ドルの10297.63ドルで寄り付き

ダウ平均は前日比-4.38ドルの10303.07ドルで寄り付き。NASDAQは前日比+15.22pの2197.09p、S&P500は前日比+1.78pの1081.16pで寄り付いた。

NY市場は、世界経済の先行きに対する懸念が広がり、リスク回避の動きが活発と
なった欧州市場の流れを引き継いで軟調な展開で始まった。そして、ニューヨー
ク連銀製造業景気指数や対米証券投資が市場予想を下回る結果となったことを受
けてドルは上値の重い展開が続いた。 ドル/円は、小動き展開が続き上下30銭の
狭いレンジ内の展開となった。円は、日本政府や日銀の円高対策に対する警戒感
もあり、序盤以降は上値の重い展開が続いた。また、スイスフランは安全通貨と
して堅調な展開が続き、主要16通貨すべてに対して上昇となった。


インド株介護保険南アフリカランド株式投資日記



posted by しんこうしょうけん at 02:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 株情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月13日

日経平均サマリー

 13日前場の東京株式市場で日経平均株価、 TOPIXともに続落したが、下げ幅は小幅にとどまる。円高一服や朝方からプラス圏で推移していた米株価指数先物が昨夜の米国株安を打ち消し、ほぼ横ばいからのスタート。寄り付き後は前日終値を挟んだ小動きが続いており、方向感は見られない。業種別では石油・石炭製品、ゴム製品、通信がしっかりと推移する一方、不動産、パルプ・紙、機械などは売りに押された。



株式投資株式市況コスモ証券岩井証券日興証券






借金相談|法律相談|債務整理|司法書士|借金相談|法律相談|債務整理|司法書士|借金問題|借金相談|自己破産|多重債務|弁護士会|借金返済|弁護士相談|過払い請求|自己破産

posted by しんこうしょうけん at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする